関西中国書画
コレクション展
関西中国書画展
概 要
スケジュール
参加館・協力館
関連コレクター
お知らせ
リンク
シンポジウム
山本悌二郎氏
上野理一氏(1848−1919)
阿部房次郎氏(1868−1937)
山本悌二郎氏(1870−1937)
黒川幸七氏(1871−1938)
藤井善助氏(1873−1943)
矢代幸雄氏(1890−1975)
須磨弥吉郎氏(1892−1970)
住友寛一氏(1896−1956)
橋本末吉氏(1902−1991)
原田観峰氏(1911−1995)
林宗毅氏(1923−2006)
澄懐堂コレクション(澄懐堂美術館
中国書画のコレクターとして知られる山本悌二郎氏(1870−1937、号は二峯)は、 佐渡の漢方医儒者山本桂(号は訥斎)の次男として生まれ、幼少より漢詩や書をよくし、 父・訥斎の影響を受け当初は我が国近代儒者の遺墨を収集していました。 田中義一・犬養毅内閣で農林大臣を務めるなど政財界で活躍する一方、 明治から大正・昭和初期にかけて内藤湖南氏・長尾雨山氏・黒木欽堂氏らの助言を仰ぎつつ、 自ら中国各地の収蔵家を訪ねるなど、その収集に情熱を注ぎました。
著書『澄懐堂書画目録』(全12巻)は、収集品より1,176点の中国書画を精選し年代順に記録した目録で、宋元明清の巨匠を広く網羅しています。 中でも伝李成「喬松平遠図」は世界的に注目を集める優品で、山水画における歴史的名品として現在も当館の貴重なコレクションとなっています。 また氏が特に好んでいたと伝えられる許友をはじめ、黄道周・倪元璐・王鐸・傅山などの書蹟も見逃すことのできない名品です。
Copyright 関西中国書画コレクション研究会. All rights reserved.