関西中国書画
コレクション展
関西中国書画展
概 要
スケジュール
参加館・協力館
関連コレクター
お知らせ
リンク
シンポジウム
泉屋博古館
参加館 (漢字画数順)
大阪市立美術館
大和文華館
和泉市久保惣記念美術館
京都国立博物館
泉屋博古館
黒川古文化研究所
澄懐堂美術館
藤井斉成会有鄰館
日本習字教育財団 観峰館
協力館
渋谷区立松濤美術館
紹介
基本情報
展覧案内
泉屋博古館
京都東山の穏やかな山容を間近にのぞむ鹿ヶ谷に泉屋博古館はあります。 ここはかつて春翠と号した第十五代住友吉左衞門氏(1864−1926)が構えた別荘の一角であり、 当館は住友家の美術品として世界的に知られてきた中国古代の青銅器・鏡鑑の保存公開を目的として昭和35年(1960)に設立されました。 その名は江戸時代の住友家の屋号「泉屋」と、約九百年前に中国宋代の徽宗皇帝の命により編纂された青銅器図録「博古図録」からとっています。 その後、中国・日本の絵画書跡、茶道具・文房具を中心とする工芸など約3,000点が収蔵品に加わりましたが、 多くはやはり茶の湯をはじめ数々の文化的趣味をもつ数寄者であった春翠氏が収集したものです。 当館では常設展示の青銅器・鏡鑑とあわせ、書画・工芸を企画展として順次公開し、 平成14年(2002)に開館した東京六本木の分館もあわせて、住友コレクションの魅力を広く紹介しています。
Copyright 関西中国書画コレクション研究会. All rights reserved.