関西中国書画
コレクション展
関西中国書画展
概 要
スケジュール
参加館・協力館
関連コレクター
お知らせ
リンク
シンポジウム
京都国立博物館
参加館 (漢字画数順)
大阪市立美術館
大和文華館
和泉市久保惣記念美術館
京都国立博物館
泉屋博古館
黒川古文化研究所
澄懐堂美術館
藤井斉成会有鄰館
日本習字教育財団 観峰館
協力館
渋谷区立松濤美術館
紹介
基本情報
展覧案内
京都国立博物館
京都国立博物館は、明治30年(1897)に「帝国京都博物館」として開館しました。 その本館(特別展示館・重要文化財)は、英国人建築家ジョサイア・コンドルの弟子、 片山東熊がバロック様式をとりいれ設計した建築で、煉瓦が東山に映え、自然の風景と調和して美しい姿を織りなす博物館です。 主な活動は、平安時代から江戸時代にかけての京都の文化を中心とした文化財を、収集・保管・展示することであり、文化財に関する研究、普及活動にもつとめています。 現在の所蔵品は約6,000件で、社寺などからの寄託品は約6,000件にのぼります。 そのなかで中国書画は約2,000件近くあり、京都の社寺などに伝わる宋元絵画のほかに、 上野コレクション須磨コレクション を核とした明清時代から近代にかけての作品が充実しています。 現在、年4回程度の特別展覧会などを開催し、平成25年(2013)開館をめどにして新館(平常展示館)の建て替え工事をすすめています。
Copyright 関西中国書画コレクション研究会. All rights reserved.