関西中国書画
コレクション展
関西中国書画展
概 要
スケジュール
参加館・協力館
関連コレクター
お知らせ
リンク
シンポジウム
黒川古文化研究所
参加館 (漢字画数順)
大阪市立美術館
大和文華館
和泉市久保惣記念美術館
京都国立博物館
泉屋博古館
黒川古文化研究所
澄懐堂美術館
藤井斉成会有鄰館
日本習字教育財団 観峰館
協力館
渋谷区立松濤美術館
紹介
基本情報
展覧案内
春季展観詳細(1)
(2)
秋季展観詳細
黒川古文化研究所
春季展観(第105回展観) 黒川古文化研究所名品展
「中国書画 ―受け継がれる伝統美―」 ※終了しました
会期:2011年4/16(土)〜5/15(日)
開館時間:10時〜16時 ただし月曜休館
入館料:一般500円、高大生300円
※中学生以下無料、20名以上の団体は2割引
☆今回の展観中の、入館料と黒川古文化研究所発行書籍の販売収入の全額を、東日本大震災の義援金として日本赤十字社に寄付します。
【後援】 西宮市教育委員会

概要
中国の書画は古代からの歴史があり、伝統の上に創造が加えられることで豊かな展開を遂げてきました。 書では王羲之などの大家の筆跡が尊重され、それを手本とした臨書作品も多く残されています。 絵画では、五代・北宋の董源・巨然、元末四大家らの南宗系統の画家が文人たちに高く評価され、明末以降、その画風を標榜する倣古山水が盛んに制作されました。 千年、数百年もの間、書風や画風が時代ごとの解釈を加えられつつ受け継がれてきたことは、現代の我々が鑑賞する際にも重要な視点と言えるでしょう。 伝統の持続には作品を収集し伝えることも欠かせません。 日本人も中国の書画を、古くから愛好してきました。近代になるとさらに多くの作品がもたらされ、関西でも数々のコレクションが築かれました。 近代の収集が始まってから一世紀になる本年、関西の九つの美術館・博物館を会場に「関西中国書画コレクション展」が開催されることになり、本館も参加しています。 館蔵品はもちろん、近年寄託された優品も交えて、それらに見られる伝統性に注目した展示を行います。 ぜひこの機会に、我が国にも大きな影響を与えてきた中国書画の伝統美をご覧ください。

主な展示作品 →全展示作品リストはこちら
−書−
「集王聖教序」北宋拓 元碑・唐
倪元璐 「行書左思蜀都賦」 明
王澍 「臨米芾蜀素帖」 清
−絵画−
董源「寒林重汀図」原本五代 重要文化財
蒋藹 「倣董源山水図」 明末清初
李鱓 「花卉図冊」 清
上叡 「倣李成山水図」 清
范明光 「倣黄公望山水図」 明 (※山岡コレクション)

・講演会
5月8日(日) 午後1時半より
花園大学教授 下野 健児 氏
「書のかたち―碑学派と帖学派の書法」
場所:黒川古文化研究所内 講演室
入館者は聴講無料

・鑑賞講座
4月30日(土)
「関西における中国書画収集と黒川コレクション」
5月14日(土)
「中国絵画における古典学習」
いずれも午後2時より、研究員による講座を行います。
Copyright 関西中国書画コレクション研究会. All rights reserved.