関西中国書画
コレクション展
関西中国書画展
概 要
スケジュール
参加館・協力館
関連コレクター
お知らせ
リンク
シンポジウム
和泉市久保惣記念美術館
参加館 (漢字画数順)
大阪市立美術館
大和文華館
和泉市久保惣記念美術館
京都国立博物館
泉屋博古館
黒川古文化研究所
澄懐堂美術館
藤井斉成会有鄰館
日本習字教育財団 観峰館
協力館
渋谷区立松濤美術館
紹介
基本情報
展覧案内
「近代中国絵画」展示リスト
和泉市久保惣記念美術館
和泉市久保惣記念美術館は、大阪府南部の泉州地方に位置し、弥生時代の環濠遺跡である池上曽根遺跡や、 「景初三年」銘のある青銅人物画像鏡が出土した和泉黄金塚古墳などがある和泉市内で、 綿織物業を営んでこられた久保家と久保惣株式会社により、国宝と重文を含む約500点の美術品、建物、敷地、庭園、基金が市に寄贈され、1982年に開館しました。 日本の絵巻・古筆・浮世絵版画・陶磁器、中国の青銅器・陶磁器・近代絵画(定静堂コレクション)、 またモネの「睡蓮」ほかの西洋美術など、現在の所蔵品は約11,000点に上ります。
この他に、美術関連図書が約70,000点あり、その中に貝塚茂樹氏旧蔵書約30,000点、篆刻家園田湖城の印譜類約400点が含まれています。
落ち着いた雰囲気は鑑賞にふさわしく、音楽ホールでのコンサートや緑豊かな庭園、表千家の不審庵と残月の席を写した茶室を楽しみながら、名品と出会える美術館として親しまれています。
Copyright 関西中国書画コレクション研究会. All rights reserved.